ようこそ、夢の世界へ
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>


2017/09/03 (Sun)                  心の栄養
こんにちは、なのです。

とうとう9月がやってまいりましたね。それにしても肌寒い……うっかりニットを出してきてしまいました。

さて、今日は先日観劇したミュージカルのお話を少ししたいと思います。


ちょっとした機会がありまして、先日
ミュージカル『ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~』
というミュージカルを観劇してきました。


このお話は、映画『リトル・ダンサー』をミュージカルにしたもので、
ストライキで揺れる炭鉱の少年がバレエダンサーを夢見て、彼が名門バレエ学校へと入学するまでのお話でした。

こんなに大きくて大人数で本格的なミュージカルは初めてで、生のオケピ、目まぐるしく変わる舞台装置、子役ののびのびとしたお芝居、いろんな演出・表現方法……
言葉では言い表せられない衝撃と迫力でした。

いままでたくさん演劇やミュージカルを観てきましたが、いままで感じたことのないお芝居の空気、空間でした。
劇場という空間に閉じ込められた、完成された世界。
この世界でビリーは生きて、葛藤して、そして外の憧れの世界へと旅立っていった、
その劇場という空間から外へと、客席の階段を上っていく姿が、その閉じ込められた世界から未来へ羽ばたいてゆくビリーのお話とリンクしているかのようでした。

実はこのチケットを手にし、内容を確認していたときに、以前別の舞台で好きになった古賀瑠くんという子役の子が、主人公ビリーの親友役でクワトロキャストとして出ていたのです!
わあ嬉しい!と思って出演日程をみたら、残念ながら私の回の出演ではなく……
しかしどの子役ちゃんたちも素晴らしく可愛らしくて……!!
みんな愛でつつ、瑠くんの役をみながら「(これが瑠くんがやる役なのか…!!可愛い…!)」
と心の中で想像していました……。
もし機会があったら瑠くん回も観てみようかな…と考えていたりします……ふふふ。
この作品、観られて本当に良かったと思います。新しい世界が見られました。



・・・。

だいぶ感想が長くなってしまいました。スミマセン
楽しかったです!えへへ。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ではまた。

拍手

// この記事にコメントする //
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [45]  [44


Calender
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Profile
HN:
ゆめの なの -yumeno nano-
性別:
女性
自己紹介:
-ゆめの なの-
5月8日生まれ。
舞台と音楽が生きる糧
駆け出し作家
妖怪になりたい。
Count

Designed by TKTK
PHOTO by *05 free photo